xyステージの説明を南米人にした後で、一緒にラテン系のお店に行った

最近、南米人と仕事をする機会があり、xyステージの説明をしました。
xyステージとは、x方向、y方向に動かすことができるハンドルが付いた
ステージ付きのサンプル台のことです。
xyステージを使うと、位置を合わせるのが簡単になるので、とても便利なのです。
動かすパターンには、いくつかあり、ハンドルを使ってステージを動かすタイプを直動ギアと呼びます。
マイクロメーターを使うと、精密な移動をすることができる、
移動量を計測することもできるというメリットがあります。
ハンドルがないタイプは、対象に大きなものを置けます。
南米人に詳しく説明した後、一緒にラテン系のお店に行くことになりました。
ラテン系のお店は初めてでしたが、食事もお酒も美味しくて楽しく過ごすことができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です